身代金要求ウイルスに感染

パソコン起動時にHELP DECRYPTという画面が表示される。。このような場合は身代金要求ウイルスに感染しているため表示されると思われます。
(WindowsXPパソコンでウイルスバスターを使用されていたが、AdobeまたはJava、もしくはOSの脆弱性を突かれた模様。感染経路は主にメールの偽装された添付ファイルかインターネット上の広告が多いです。)

このウイルス自体は参考サイトの駆除ツールなどで駆除できますが、感染した場合パソコン内部のファイルや接続しているUSBメモリなどの外部媒体のファイルも暗号化され、開くことができなくなります。
暗号化されたファイルの復元方法は基本的にありません。
ただし、Windows7などに搭載されている「以前のバージョン」機能をしようすれば元に戻せる可能性があります。
画面に英語で表示されているような振込先にファイルの身代金を支払ったとしても元に戻る可能性は限りなく低いです。
そのため暗号化されたファイルはあきらめて駆除後に無事なファイルを取り出して再セットアップすることをお勧めします。